資産運用の基礎を学ぼう!

資産の短期運用は社債を利用する!

投資は色々あります。しかしリスクも伴います。
かといって定期預金は定期金利、、リスクを負わず投資をしたい、
そうお考えの方におすすめなの社債です。

社債には、法人向けと個人向けがあります。
その中でも個人向けの社債について説明してみますね。

個人向け社債というのは、
会社が債券=社債を個人向けに売り出すものです。

国債と同じで、資金が必要な企業がこれを活用します。

株とは違ってそれ自体の価値の変動で利益を出すものではなく、
いわば会社に利子付きでお金を貸している状態であり、
満期時に利子と元本が手元に戻ってきます。

つまり、会社が潰れない限り利益が出るので、
とてもリスクが低いと言われています。

特に人気がある社債は二つあり、
一つはSBI証券の社債、もうひとつはマネックス証券の社債です。

二つの違いは、最低購入金額と利率にあります。
マネックス社債は1万円からと手頃な値段で買うことができ、
利率は年間1.2%です。

SBI社債は10万円以上からの購入で、
1万円単位です。利率はマネックスよりも少々高めです。

両方共、利払いは年に2回あり、途中解約はいつでもできます。
ただし、1年未満で解約すると元本割れする可能性があります。

ちなみにSBI社債の特徴としては・・・

○特徴
住信SBIネット銀行グループのSBI証券が
発行する個人向け社債として人気の社債。
最低投資額は1口10万円、それ以降は1万円単位で購入可能。
円建て債券のため為替リスクはないのも人気の理由。
金利は年率で1.7%以上!(前回販売時は1.76%)1年単位で運用。

Ex)1,000,000×1.76%=17,600・・・この分が利息して受け取れます。

○リスク
SBI証券が破たんすれば元本は却ってこない。
⇒個人向け社債のため、
 預金保険機構の対象外=破たんすれば元本はゼロになります。

このSBI社債は人気が高いため、
毎回販売後は即完売!という状態になります。

購入に必要なものとして、
SBI証券の口座が必要のため、事前に口座開設が必要です。

SBI社債が販売する前に用意しておかなければ、
いざ購入したい!という時には購入できません。

気になる方は口座開設をしておきましょう!

TOP 外貨MMF 社債
FX 株式投資 美容
食文化 金融 転職

Copyright (c) 2012 資産運用の基礎を学ぼう! All right reserved.