資産運用の基礎を学ぼう!

歯を大切にする外国人



外国人は日本人に比べて歯に対する美意識が
かなり高いように思います。

実際、海外に住んでいた時も、歯並びが悪い、
金銀の詰め物、汚れなど、
こういった友人はほぼいなかった気がします。

これは小さい頃から定期検診はもちろん、
歯並びが気になり始めたら矯正をしたり、
黄ばみが気になりはじめたら
市販のホワイトニング用品を自宅で使用してみたりして
歯を綺麗に保つということが
当たり前のような習慣になっているからでしょう。

日本でも最近は「ホワイトニング」とか
「インプラント」とかいう言葉を耳にするようになりました。
歯に対する美意識が少し欧米に
近づいてきたのかもしれないですね。

家で行うホワイトニングの王道は何と言っても歯磨き粉です。
一番手軽ですぐにできますよね。
次に薬剤を入れたマウスピースをはめておくという方法です。
しかし、これらの方法では効果がなかなか感じられないことや、
色素がまだらになることもあります。

ホワイトニングの効果を早く感じたいという方や、
せっかく白くなったらできるだけ長く保ちたいという方に
「歯科ホワイトニング」という方法をお知らせします。

歯科ホワイトニングでは家庭用のホワイトニング剤よりも
濃密で効果の出やすい薬液を使用します。
それに加えてレーザー照射も併用し、
歯の表面の色素だけでなく、
歯に浸潤している色素までも分解することができるのです!

大阪にある審美歯科なのですが、
ここではこのように歯の健康だけではなく
美しくみせるための治療も幅広く行っています。

専任のカウンセラーが患者さんそれぞれに合った
ホワイトニングプラン提案してくれるので
安心してホワイトニングができますよ!

薬液やレーザーについてもっと知りたい!という方も
チェックしてみてください。

余談ですが、日本では好評の「八重歯」。
これも外国人にとってはドラキュラのようで
かなりの不評らしく即矯正というパターンになるようです。

審美歯科では保険が適用される治療と
適用されない治療があるので
ちょっと調べておきたいところですが、
アメリカなどでの歯の治療は日本に比べても
驚くほど高額です。
そんな高額な費用を払ってでも
歯は大事にしたいのでしょうね。



TOP 外貨MMF 社債
FX 株式投資 美容
食文化 金融 転職

Copyright (c) 2012 資産運用の基礎を学ぼう! All right reserved.